アトピー効果的な天然オイル徹底調査
アトピー

オイルはどれを選べばいいのでしょう。
アトピーのスキンケアで最も重要なことが保湿すること。そこで、今回、保湿剤としてアトピーにおすすめのオイルを集めて、調査してみました。


ヘンプオイル

麻の実から抽出されるオイルです。他の植物オイルより優れている点は、浸透率の高さです。つけた時の火照り感や、痒みの誘発がきわめて少なく、アトピー向きのオイルです。オイルをつけると赤くなる、痒くなる、こういう悩みをかかえている方は、是非一度麻の実オイルを試してみると良いでしょう。
ヘンプオイルは、必須脂肪酸が80%も含まれており、血行促進や新陳代謝を促すαリノレン酸が20%も含まれています。バリア機能修復作用がある希少なγリノレン酸が 含まれています。

ホホバオイル

伸びがよくて、体のアトピーケアにうってつけです。ゴワゴワする像の肌状態の硬くなった肌にしっとりなじみます。 ホホバは、その種子でつくられる「ワックスエステル」と呼ばれる成分のおかげで、強い日差しを浴びても、水分を逃さないバリア機能をもっています。 このホホバの種子から抽出される「ワックスエステル」たっぷりの植物エキスは、リッチなテクスチャーから「ホホバオイル」と呼ばれています。 この「ホホバオイル」は、数千年以上も前からアメリカ先住民のお肌と髪を守りつづけて、現在も“キング・オブ・オイル(黄金のオイル)”と称されています。

アルガンオイル

保湿・保護目的だけでなく、硬く厚くなった肌や黒ずんだアトピー痕にも効果があるという評価があります。そういう部分にはマッサージをするとより効果的です。
アルガンオイルとは、モロッコにのみ生育するアルガンの樹の実から採油された希少なオイルです。また、不飽和脂肪酸の一種で、人の生命維持に重要な成分であり、血中コレステロールを減らし、血液の流れを良くする働きがあるオレイン酸の割合が多いことと抗酸化作用のあり、体内外の老化を防ぐ働きがあるビタミンEの含有量が多いことが特長です。そのため、アンチエイジング効果がみとめられているそうです。

馬油

「ワセリン代わりに」という意見が多いのが馬油です。体アトピーのケアに使ってる方が多いです。品質や技術によりますが、ベタベタせずサラッと使えるのもあります。うるおいというよりは、保護と思って使用すると良いです。馬油は、古来から傷薬などに使用されてきており、必須脂肪酸の比率が人間の皮膚と近い状態のため、お肌になじみやすく、保湿力も高いため、極度の乾燥によるひび割れやあかぎれ、肌がゴワゴワしていたり、むずむずした痒みの緩和に効果があります。あれ肌・トラブル肌に最適です。

その他、オリーブオイルもありますが、オイルの特性上、目に入ると沁みるので、アトピー用としての人気度は低いです。


アトピーケア用のオイルをお探しの方は、ぜひご参考にして頂きたいのが、こちらのサイト アトピーケア
アトピーや皮膚湿疹のケアランキング。ウソ偽り一切無し!全て実体験や口コミによる比較ランキングです。